FC2ブログ
2019 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 02

粘液コンプリート!

kage

2006/05/14 (Sun)

いきなりですが、ちょっと自慢。
素敵指
Choさんとトラン森北でメテオの特訓をしてた時に、カバンに飛び込んできた指です。

某ネタ剣士さんなら50Mで買ってくれるかも、という話でしたが(笑)
自分で使っています。
zinの特殊攻撃多様化で、何気に活躍している雰囲気。
異次元ボックスの影響からか、ボンドや地獄がやや値下がりしてるから
エンチャしてみようかな~。

まぁ借金返し終わってからだな、うん。


さて粘液。
もうちょっとで終わりそうだったのでビーチに籠もっていました。
ザクザクツンツン。

やっと1個~♪

と、ひとり寂しくやっていると
ダークさんとにゃんこさんとヴィンさんが手伝いに来てくれました。

うううぅ、ありがとう。


プチギルハン
みんな200レベ↓だから経験値ウマくないし、アイテムだって微妙。
そんなわけで、ギルメンには「手伝って」と言えなかったんですが

経験値とかアイテムとか、そういうのはどうでもいいんです。
要は「どう楽しむか」です。

とまぁ、そういう内容のことを言ってもらって、目から鱗でした。

そうだよね、経験値(レベル上げ)と良品獲得がこのゲームのすべてじゃない。
このギルド紋章を作るために、みんなで一緒に努力した。
そういう思い出だって大事だ。

スパインホールへのポタを挟んで上に3体、下に3体。
上の3体を3人に任せて、私は下側で狩ることにしました。

いきなり粘液を拾っちゃうにゃんこさん。

えーーーん、私ってば何時間も狩ってやっと1個だったのに。
.。゚+.。+・゚・(ノД`;)ウワァァァン

まぁそんなわけで、4人でPTチャットを楽しみながら狩ってたんです。

そしたら私が狩ってる所に、いきなり沸いたWIZの集団。
(3人いたかな?)
いきなりサンダーでスライムのタゲとって殴りはじめました。

え? いったい何事?

ビーチのスライム、結構広範囲に点在して沸きます。
狩る時間より探してる時間が長いかも、なくらい・・・・・・。

で、アイテムドロップが悪い上に
私はお金もきっちり拾う人なので、彼らがワープしてきた時には
アイテム落ちてなかったんでしょう。

スライムも2匹沸いてました。
(でもね、レイドで2匹ほぼ同時に狩ったら2匹ほぼ同時に沸くさ。)

スライムを探して走ってた私の姿も、彼らからは見えなかったんでしょう。
私なら、Mobが沸く所には記憶しないし、狩り始める前に他の人がいないか確認するけどね。


でも、みんなが手伝いに来てくれてるんです。
他を探すのも狩り場を変えるのもイヤだ。

なのでちょっと主張してみました。
「どいてくれ」と言わねばわからぬのか。

「はぁ、それで?」
この言葉に切れた私も大人げなかったです。
彼らが殴ってたスライム2匹を横殴りして倒してしまいました。

「社長、ここも最近は混んでるんですよ。」
と一味のひとり。

スライムを探して一周してきたら、社長さんたち消えてましたがニンともカンとも。

わたしね、ずっとビーチにいたんですよ。
同じ場所で狩ってました。

ダークさん達を迎えに行くために、BISにキャラ代えてバリアートからマラソンしましたが
狩りを再開した時は誰もいませんでした。

何時間も狩り場独占してたのは認めますが、
それならそれで言いようがあるんじゃないのか。

「はぁ、それで?」
と言われて、
そこをどけと言っている
と言えばよかったのか? (´・ω・)


実はダークさん達が来るちょっと前に、
何の用で来たのかわからないBISさんにスライムを1匹取られまして、
その時のイライラが尾を引いていたのかもしれません。

彼はスライムのタゲを取ったまま、シールドフラッシュ? をONにし、
お友達と思われる人とチャットしてました。
確かに、BISさんが殴られる度にスライムのHPは減ってますが
彼が倒してくれない限り、2匹を沸き待ちしながら狩らないとイケナイんです。

これも1回だけじゃなく2回やられました。
2回目はお友達のランサさんが
「槍振り回してもイイ?」
とBISさんに確認の上F&Iで倒しちゃいましたけどね。
モウ ワケワカラン。

閑話休題。
いぁ、もう忘れました。
ちょっと言いたかっただけ。


さて楽しい話。

そうなんです、篠が何時間もかけて1個とか2個とかしか拾えない粘液が
あっという間に4個。
PT組んだ方が出やすい?
それとも単なるリアル運?

そんなこんなで
この日は10個の収穫。
残すは@12個だったかな。


翌日はあの人が手伝いに来てくれました。
2か所に分かれて、黙々と狩り狩り。
午前中いっぱいかかって8個。

リアルの都合で一時休戦。

ソロで再開しようとしたら、にゃんこさんから耳が。
「ダグさん、ヴィンと一緒にビーチに来ちゃいました。」

うぉーーー。ミ(ノ≧Д≦)ノ
にゃんこさん、ヴィンさん大丈夫か。
死ぬなーーーーー。

あと2個でコンプリートだと言うと、既に1個拾ってるって。
「じゃあ、ラスト1だね。」
と言ってる間に粘液ドロップ。

粘液終了!

粘液コンプリート。

みんなありがとう。
残すはしっぽ毛62個。
ギルド紋章が見えてきました。


おまけ
みぃつけた。(たぶん)


にゃんこさんだよね?

古都放浪中に発見。


関連記事

この記事へのコメント

kage

祝! 粘液コンプリ☆

>死ぬなーーーーー。
実はヴィンがぽてッと2回ほど…(・∀・)ニヤニヤ

>おまけ
ぶほw
うちのぷちこがネットでびゅってるww

この勢いで
今度のギルハンで尻尾コンプリしたいですね^^

Posted at 22:12:01 2006/05/15 by にゃんこ

この記事へのコメント

kage

狩り場に関しての自分の考えを少し。
でも、多分こんな考え方してる人は少ないと思います。

ゲーム内では先に狩り場を使用している人がいたら、そこは使わないのが常識となっていますよね。

でも、公式には
 ・横殴りはしない
 ・狩り場は誰のものでも無い(狩り場独占はしない)
の二つしかありません。(ですよね?)

公式の情報からすると、
 「使ってます」
と言われても、
 「は? 狩り場は誰のものでもありませんが? 使っているから出て行けと? 独占の主張ですか?」
となります。(極端な例ですけどね)

狩り中に他の人がやってきた場合
 「ここは先ほどから私たちが狩っていたので、この狩り場を使わせていただけませんか?」
と『お願い』するのが公式の情報とゲーム内の常識を上手くあわせた対応でしょうね。
大抵の人は聞いてくれると思いますし、それで聞いてくれないならそんな人相手にするのがしんどいだけなので、こちらからさっさと別の場所に移動しちゃいましょう。

ゲーム内の常識はみんなの「善意」によって作られています。
「善意」で動いてくれる人は好きですし、自分もそんな行動をしたいと思います。
でも、「ルール」を守ってさえいれば、「善意」が無いからといって批判はできないと思います。
そういう時は、ギルメンに愚痴っちゃいましょう。
(自分は・・・「それは貴方のほうが間違ってるよ」とか小難しいこと言うので愚痴を言う相手としては適してないかも~)

Posted at 00:58:40 2006/05/16 by shin

この記事へのコメント

kage

にゃんこのとおり
くらげさんに2回ほどやられましたっ(ノд`。)
でもにゃんこにたすけられましたっ^^
粘液コンプおめでとうです^^
粘液集めお力になれてよかったです^^
ギルハンでコンプしたいですね^^

Posted at 01:45:34 2006/05/16 by ヴィン

この記事へのコメント

kage

レス~

■にゃんこさん、ヴィンさん
うはっ、死んじゃいましたか。ヾ(TдT)ノアゥゥ
まぁ痛いですからねぇ・・・・・。

とりあえず町からマラソンしなおさなくてすんでよかったです。(笑)
デスペナも痛いけどねぇ。

>ギルハンでコンプリ
最後の1個はギルハンで!
と思ってます。
しっぽのラスト1は、全アイテムのラスト1ですからきっと感動するはずー。

でも後60個あまり残ってるんだよね。
(。-`ω´-)ンー

まぁ、まったり集めますよ~。

Posted at 12:55:57 2006/05/16 by ダグラス

この記事へのコメント

kage

レス~2

■shinさん
んと、shinさんの言うのも一理あるのは理解できます。
「狩り場独占」に対して、それってどうよと思っている自分もいます。

今回私が引っかかったのは
「はぁ、それで?」
という言葉です。
この言葉の裏に
「誰が使っていようが関係ない、わたしはここで狩るのだ」
という意志を感じてしまったんです。

「使っています」
という私の言葉も狩り場の独占主張ですが
彼の
「はぁ、それで?」
も同様じゃないんでしょうか。

もちろん横殴りした私にも非はありますが、
あのまま黙って狩り場を譲る必要もなかったと思います。

でもスライムはまだいいのよ。
沸きが少ないとは言え、狩り場が数カ所あるもん。

しっぽ毛のハイランダー洞窟は、
誰か他の人が使っていたら狩りになりません。
・゜・(PД`q。)・゜・

今度はshinさんに愚痴耳しますね~。(笑)

Posted at 13:32:14 2006/05/16 by ダグラス

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック