FC2ブログ
2019 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 11

ギルハン【マップクエ3】

kage

2006/04/16 (Sun)

金曜日のギル戦後、ギルハンはマップクエ3。
古代ヴァンプ突撃でした。

露天キャラの売り上げを確認しようとPC覗くと
丁度となりでMきちさんと流れさんの会話が。
「ひさしぶり~」
なーんて話していると、マップクエ3をやりたいという話に。

そんなら「またーり」のメンバーにもやりたい人いるだろうからと
独断と偏見で古代ヴァンプ突撃ギルハンを決めました。
先月ロトで当たった(ハズレと言うのか?)場所移動アイテム「蝕」。
これを使えば塩B8までポータルが開くはず。

使い道がなくて困ってたから丁度いいや。

まずは場所記憶。
ダグに持たせて、ソルティケーブをどんどん潜って行きました。
を~、懐かしの塩B8。

ミニマップがミニミニマップになってしまい、
自分の位置を把握するのが大変ですが、無事古代の部屋へ到着。
右上の安全地帯で「蝕」を使って場所記憶。

せっかく来たんだもん、ヴァンプを狩ってた方に許可をもらって
横に捨てられていた古代を狩らせていただきました。

うーん、運装備では痛い。・゜・(PД`q。)・゜・
(ま、死にはしませんが。)

灰だの羽だの霊薬だのを拾って、この日は終了。
(巻物は拾えなかった)




で、ギル戦後、参加希望者でPT組んで「蝕」を使ってみます。


でたー、ポータル。
(SS撮り忘れ)
PTメンバー一気に塩B8です。

狩りしてたランサーさんに
「クエなので、古代を」
と言うと、快諾いただいたので早速狩り始めたわけですが、
2体目を探している時に、既に狩ってる人がいたのがわかり大慌て。

ごめんなさいして、そちらが終わるのを待つことにしました。

出番が来たので
ぼっこぼこ
みんなでタコ殴り。

なんか楽勝。
(WIZ多いな。笑)

にゃんこさんとデュマさんがアップして、残るはおじさま。
いつも思うんだけど、クエってBISには過酷だよね。

途中でユイネさんから耳が来たので
一旦PT抜けてアリアンまでお迎えに行きました。
実は「蝕」って、一度使うと同じ場所に20回飛べるんだよ。
移動できるのは、使った人と同じPTメンバーのみ。

後16回だか飛べるんだけど、誰か塩B8行きたい人~。
お送りしましてよ。(笑)

うはっ
よりによって撮れてるSSが「miss!!」の瞬間ってどうよ。


全員アップした所で、滝へ移動。
「壊れた道」を通ろうとしたんだけど
ここって無課金だと入れないMAPだったのね。orz

一度ブリッジに戻ってから、滝までマラソン。
がんばれみんなー。

熊やってないのは二人だったので、PTを二手に分けて熊を狩り狩り。
やっぱり最後になったおじさま。
やることないので、ダグは余ってる熊を探して放浪。

戦うアチャさんに辻エンチャ・ヘイスト・アスヒすると
実はいらないんだが。(´・ω・)
ミラメラいただいちゃいました。

ミラメラ
(みんなに見せておいてから、槍を戻しに行ったんだけどね。)

日付が変わるコロ
全員クリアして、ギルハン終了。

おつかれさまでした。
次なる強敵は藪のガーくんだなー。(・∀・)ニヤニヤ



ハイランド洞窟
「しっぽしっぽ~♪」
と記憶してあるハイランド洞窟へ出かけて行くと
「☆点火星☆」のみなさんが。

次対戦する時は、裸で出てくださいね。
と300↑のランサさんにお願いしてみたり。(笑)

洞窟外周に沸く狼からしっぽを奪い取るんですが
ソロでも沸き待ちになる狩り場、PTいたらとても無理。

それなので思い切って中央部分に突入してみました。
左上のゴーレムからクエを受けて、右上・右下・左下のゴーレムに
話しかけます。

ジャンプした中央には
ちっさい~
ちっさいコロやらチタンやらがいて、
隙あらば蹴飛ばしてやろうと狙っています。
(ブラー効かない~。・゜・(PД`q。)・゜・)

更に!

隊長!
隊長から200↑のダメージをもらっているダグラス。orz

運装備のままではマズイ!

本気モード
運杖やめて攻速杖に。
チリでCPが溜まったらメテオどーん。

チリダメ:2449
メテオダメ:3243

アレだ、気持ちの問題。<メテオ
経験値は48000程度。
固いからマズー。(笑)


とりあえず、ココ危険。
外周が空いてない時はトラン森に行きます。(´・ω・)


■ギル戦
透明ランサさん
こわ~
SS見るまで透明さんがいたのを知らなかった私。orz


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック